メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

致知5月号の「致知随想」に竹井佑介が掲載されました。

カテゴリー:新着情報

致知2016年5月号

「いつの時代でも仕事にも人生にも真剣に取り組んでいる人はいる。そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう。」このような理念の下に創刊されている人間学を学ぶ月刊誌「致知」に、弊社の竹井佑介が掲載されました。

こんにちは、ネクストレベルの拓です。

昨日の竹井佑介ブログでもサラッと触れられていましたが、2年ほど前から僕も愛読している雑誌「致知」の今月号に、弊社の竹井が掲載されると先日から伺っていました。

それを聞いてからというもの毎日、ワクワクしながら致知が家に届くのを待っていました。

ただ僕が東京へ引っ越してきたのはまだ最近なので、ちゃんと東京の部屋に届くのかな~と心配していたのですが、昨晩、部屋へ帰宅すると、ちゃんと届いていました致知5月号!

ワクワクしながらビニール製のカバーを解き、すぐに目次を開いて「竹井佑介」の名前があるかを確認…。

ありましたー!

致知随想に掲載された竹井佑介1

致知を読むのに、これほどテンション上がったことは無かったです!

致知随想のページは89ページとありますが、見開きカラー広告のすぐ後ろなのでパカッと簡単に開けます♪

致知随想に掲載された竹井佑介2

まだ僕自身、どんな記事が掲載されているのか聞かされていませんでしたので、しかと読ませて頂きました。

今回、竹井が致知随想に寄稿した原稿のタイトルは「幸せなお金持ちになる人の考え方」でした。

致知随想に掲載された竹井佑介3

竹井が寄せた内容は、幸せなお金持ちになるために必要な「富保有意識」について、その器ともいうべき意識を高めていくための具体的な方法、またどのような意識で人生を歩んでいったら良いかということを、自身が全財産を失うという過去の悔しい思い出と共に解りやすく語られています。

そして竹井が申すように、

「お金の使い方にその人の人格が出る」

というのはまさにその通りだと思いますので、僕も改めて気をつけて参りたいと考えさせられたことと合わせて、これを読んでくださっているあなたも含めた志ある多くの仲間の皆様と共に、一緒に切磋琢磨して社会に貢献して参りたいと思います。

人間学を学ぶ雑誌「致知」をご存じない方へ

「致知」は人間学を学ぶ月刊誌として発行されておりますが、実は本屋さんには並んでいません。

そのため知る人ぞ知る雑誌ではあるのですが、京セラの稲盛和夫さんや、ウシオ電機の牛尾治朗さん、論語普及会の伊與田覺さんや、福岡ソフトバンクホークスの王貞治さんなど、多くの皆様が愛読されている雑誌で、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の貴重な体験談や対談などが掲載されています。

ご存じなかったという方は、是非一度お手に取って頂くことをお勧めいたします。

「致知」の詳細はこちら


不動産・保険に関するお問い合わせはこちら