毎日、朝7時にお届けしているメルマガより、昨日の朝に配信した重要な内容をこちらでもご紹介いたします。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

無料メルマガで日々お届けしている内容をご紹介します!

カテゴリー:NLメルマガ , 新着情報

毎朝7時、その日の相場観をお届けします。

皆さん、こんにちは! NEXT LEVELスタッフの拓です。

弊社が毎朝発行している無料メルマガは、もうご購読頂いておりますでしょうか。

昨日の朝のメルマガは特に重要な内容だと思いましたので、私が勝手にブログ記事にしてしまいます(笑)

もちろん日々、毎朝配信しているメルマガの内容も、非常に多くの皆様に日々のトレードで参考にして頂けている内容ばかりですので、まだご購読頂けていない皆様におかれましては、本日の記事をお読み頂いて、このような内容を毎朝配信していることをお知り頂き、ぜひ弊社の無料メルマガをご購読頂ければ幸いです。

竹井佑介が今朝のメルマガで語った、今後の重要な相場展望について

どうもお楽しみ様です。

竹井です。

今回の相場の話ですけれども、今週ですね一回大きく勝ち越しまして、そこからドル円が90円台に、今年に入って三回目ですかね、突っ込む形に動きを見ていましたけれども、なかなかそこに定着せずに戻して来るような動きだとか、ポンドだとかユーロだとか、どんどんどんどん上がって行っているような状況を見ると、今ちょっと不安定な相場の中で、特に8月ということもあって警戒感もあって、あまり長く持たない方がいいのではないかという話を昨日しました。

ドル円、今年に入って3回目の100円割れ

そして最近、米国株がすごく強いんですけれども、ダウ平均、S&P500、ナスダック含め、この3指数が揃って市場高値を更新したという、実は1999年以来の17年ぶりのことということで、非常にこれは注目しないといけないなと。

なぜかというと、その高値をつけた3ヶ月後にITバブルが崩壊しまして、そこから米国株が大きく暴落しましたのでジョージ・ソロス、もしくは債券王として有名なビルグロス、そういった方達がこぞって米国の株高の状況に対して、「これは危険ではないか」ということを言い始めています。

私のお友達でもあって、凄腕のファンドマネージャーの塚口さんも、先日11日にこのメルマガをご愛読頂いている皆様への無料プレゼント差し上げた音声対談の中でもご紹介しましたけれども、ここから米国株の崩れをプロの投資家たちがすごく気をつけているというタイミングであります。

そして日経平均を見ると、どうも1万7000円くらいが抵抗ラインではないかと、ここまでくると上値がすごく重たくなったりしますので、この辺りでドルを売ってみたりだとか、もしくは株を売ってみたり、もしくはオプションという形で日経平均の売りを持ってみたり、そういったことをやりたくなるなと、もしくはそれにつられて米国株が下落してくる可能性もありますので、ここもうまく相場を張って利益に変えていきたいなと考えているところです。

日経平均株価は1万7000円に抵抗

先日注目されていたFOMC発表がありましたけれども、利上げが早期に必要かで意見が分かれ、利上げ開始までには更なるデータ検証が必要ですよという内容であって、結局アメリカは10年債の利回りが低下基調ということで、結果的にドルが高くなる方向で反応をしていました。

そんなハト派的な夜明けの内容であったにも関わらず、ドルは若干買われていたり、そういった状況でもありますので、油断できないものの、ただ上がったところは正直売りたいなというのが本心です。

最近はニューヨークの商品、原油を始め1ヶ月半ぶりの高値を出していたり、もしくは金が反落している状況。

となると、金が落ちて原油は上がっているということですから、世の中の状況としてはイケイケドンドン、買いに優勢な動きになっていると。

となってくると、バイイング・クライマックス

一気に上げて下落する、そういった相場も期待できる所でありますので、それはどこになるのかということで、日経平均の1万7000円くらいを印象におきながら、その辺りでトリガーが引かれて一気にドル安だとか、そういった動きになってくるか、気をつけたい所でもあります。

日銀がマイナス金利政策を導入して、8月16日でちょうど半年が経ちましたけれども、その影響が世の中にどれだけあったかを見ると、ずっとドル安の方向、そして円高の方向になって来ている今年の動きを見ていると、正直あまり効果は為替の方にはなかったかなと。

もちろん住宅、投資用ローンの金利が下がって、不動産が買いやすくなって、価格が上がっているという状況がありますけれども、それ以外はあんまり影響はなかったのかなという印象があります。

何れにしても相場は乱高下が激しいような状況ですから、そんな中ユーロドルが順調に上げていたりだとか、FOMCのあとダドリー・ニューヨーク連銀総裁がコメントしたことによって、ドル円が100円代の半ばまで反発したこともありましたけれども、利上げの時期はじわじわと近づいている、9月の利上げはありえますよという状況を考慮すると、米10年債の利回りはかなり低いのではないかということで非常にドルが買われやすい状況がありましたけれども、ただ高く登った所は売りということで、基本的には売り目線を見ながら、ユーロポンド、そういったことを含めて彼らもドル円が安くなるのかどうかまだわからないような状況ですけれども、しっかりと動きを見て狙っていければと思います。

EUR/USDはここ数日、順調に上がってきていた

編集後記もお楽しみ頂ける無料メルマガの登録はこちらから

如何でしたでしょうか。

こちらの内容は毎朝、7時過ぎに無料メルマガとして配信させて頂いているメルマガの一部となります。

この前後にも、冒頭部分でのメルマガ導入部分と、編集後記で皆様のトレードライフや生活スタイルにお役立て頂ける内容をお届けいたしておりますので、まだご購読頂けていらっしゃらない皆様におかれましては、ぜひご購読頂いて、バックナンバーもご確認頂ければ幸いです。

また本文中にも出て参りました、8月11日の無料プレゼントでお配りした、塚口直史さんと竹井佑介による対談の音声も、メルマガのバックナンバーよりご聴講頂けます。

非常に内容の濃い、また極々近い相場の未来を予見した興味深い内容となっておりますので、ぜひお聴き頂ければ幸いです。

メルマガのバックナンバーは、毎日お届けするメルマガの最下欄よりご覧頂くことができます。

但し弊社からは有益な情報提供を無料で差し上げているという自負はございますが、くれぐれもトレード判断、投資判断につきましては、全て自己責任でお願い申し上げます。

NEXT LEVEL公式メルマガ(無料)の登録はこちらから。


不動産・保険に関するお問い合わせはこちら