株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

痛恨の反省トレード会

カテゴリー:メルマガ

MTCライブトレード会

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

おはようございます!
スタッフの拓です。

昨晩はMTCのトレード会の後、みんなでバンカラを楽しんだ後、六本木に新しくできた1OAK TOKYOというクラブにみんなで行ってきました。

3時間近く踊っていましたので、恐らく今日あたり足が筋肉痛になってるんじゃないかなと思いますが、みんなが本当に陽気でポジティブで踊っている中で、私も楽しく踊らせていただき、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

その前のトレードは結構損切りに遭いましたが、スッカリその時の悲しい気持ちも完全にブッ飛んだように思います(笑)

この土日、しっかり体も休めて、また月曜日からしっかりトレードして行ければと思います。

皆さんも、良い週末をお過ごしくださいね!

竹井佑介の相場観

ライブトレード懇親会
いつもお陰様です。

昨日はMTCのライブトレードセミナーということで、仲間たちとみんなで集まってトレード会を開催しました。

最初は思惑通りポンド円が下がって、NZD/USDも上がって、非常に良い形だったのですが、やがて夜になるにつれて、全て円高だったのですがポンド円だけ上がり始めてしまいました。

そして6時間足のミドルという最終防衛線に定めたポイントを超えて、一気に上へ抜けてしまいましたので、非常に残念だったなと感じています。

カナダドル円も上がって、一旦落ちて、6時間足のミドルで支えられて、その様子をみんな見ていたのですが、結果そこもみんなあまり取れず、昨日はチグハグなトレードだったなと非常に反省した次第でした。

しっかりと油断せずに、常にやるということが如何に大事か。

そして相場の流れ、潮目が変わったなと思ったらすぐに頭を切り替えること。

本当にそういった基礎的なことを、一個一個抑えて行くことが大事だということを思い知らされたような、そういった相場でした。

ポンド円も売っていたものが全て円高の方へ行ってしまいました。

9月9日の本日、北朝鮮の建国記念日で何かやらかすだろうという所で、みんな警戒して売って来るんではないかなと、円を買ってくるんではないかなと感じていました。

その思惑通り行ってはいるのですが、ポンド円が最初に切り返して上がって行っていますので、そうなってくると他の通貨ペアもついて行って上がって来る可能性も十分あるのではないかなと感じています。

いずれにしても相場がちょっと読めなくなりましたので、一旦ポジションをスクエアにして、来週の月曜日にまた新たなサインを見つつ、チェックして行ければと思っています。

編集後記

バンカラ

本当に非常に大事なのが、この「基礎に飽きない」というか、そういったことを一つひとつ大事にすることが、如何に重要なのかということを、改めて思い知らされた次第でした。

何をやるにしても、それを抑えておく。

そして更に、基礎を抑えていても、油断をしてしまうと自分の考えに固執してしまって、今回のポンド円の売りのように、最初は上手く行っていましたが、その後、2回ほど売りで取り直しましたけれども、2回とも連続で損切りになってしまい、非常に甘かったなと非常に反省している所であります。

そうは言っても、この感情に囚われて、次のトレードに影響を及ぼすと、またろくなことにはなりませんので、一旦、頭をクリアにして次に向かうこと、これが本当に大事だなと。

感情をコントロールできれば、人生をコントロールできるとよく言いますけれども、本当にその通りだったと思っていますので、感情をブレさせず、そして高い所で安定させる。

こういったことを改めて意識して行こうと思った次第であります。

それにはおあつらえ向きというか、これから(昨晩時点)終わった後、このトレードの仲間たちと一緒に、バンカラという六本木では、ちょっとした有名なカラオケがあるのですが、そこに行って、生バンドの演奏を伴ったカラオケで、みんなで楽しみつつ、このトレード勉強会の仲間たちとの懇親を深めるべく、より深い話が夜中までできればと思っています。

どうもありがとうございました。

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


不動産・保険に関するお問い合わせはこちら