株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

富保有意識アップ講座 第255回「笑い飛ばす」

カテゴリー:NLメルマガ

笑顔の力

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

おはようございます!
スタッフの拓です。

本日は幸せの定理の企画で、皆さんと一緒に鎌倉へ参ります。

天気予報はあいにくの雨ですが、行ったら行ったで、きっと雨が降ってて良かったねということがあるんじゃないかなと思っています。

鎌倉くらいの人気スポットにもなりますと、天気が良かったらどこもかしこも人だらけ…なんてことにもなりかねませんからね^^

竹井佑介の相場観

笑顔の力

いつもお陰様です!

本日は日曜日ということで、富保有意識アップ講座について話をしていきたいと思います。

今回、第255回のテーマは「笑い飛ばす」ということについて、話をしていきたいと思います。

笑いの力、笑顔の力、そういったものは敵を作りません。

先日、バリ島へ行かせていただいた時にも、Bali’s Smileという話をさせていただきましたが、この笑顔の力というのは本当に大きいのではないかなと感じます。

それはどういうことかと言いますと、最近「幸せの定理」を始めた影響で、様々な質問、もしくは相談事に乗る機会が、また不思議とシンクロの法則で増えたりもします。

一昨日、ご飯を食べている時に隣にいらっしゃった方からも、なぜか相談を受けることになりまして、結婚相手がおらず、そして病気になってしまって、親との仲も悪く連絡を取っていなかったら、親が病気になってしまって、本当に周りで不幸な状態がたくさん起きていると…。

正直、どうしたらいいか解りませんと仰っていました。

この話を考えてみますと、以前このような話もしたかもしれませんが、よく人は失恋したり、悲しくなったりすると、失恋ソングを聞いたり、悲しい時はそういう話を聞いてくれる友だちに話をしたり…。

まぁ聞いてくれるだけで良いということで話をしたりもするのですが、ひとつ大事なことは、一旦距離を置くということです。

どういう不幸な状態、大変な状態にあったとしても、やはり「笑い飛ばす」ということが非常に大事です。

笑って、飛ばしてしまうと。

自分もこれまで色んな経験をしてきましたけれども、例えば5歳の時に海で溺れて沈んで、海面がスーッと遠ざかって行った時は本当に苦しかったです。

水もたくさん飲んで、あぁ本当に苦しいなと。

当時は死ぬという感覚がよく解りませんでしたので、とにかく苦しいということでもがいていたんですが、バーっと水面が離れて行って、そこから光が差し込んで来て走馬燈を見たわけですが、そこで本当に快感を味わったのです。

なので、人は死ぬときというのは、実は途中、苦しみはあるけれども最後の最後はめちゃめちゃ気持ち良いんじゃないかなと、私は自分の体験を通して思っています。

そういう風に考えた時に、本当に苦しい状況というのは色々あるんですけれども、その時には例えば、死ぬときですら快感があると考えてみますと、そこが本当に大事なポイントでして、下がって、どんどん落ち込んで行った時に、そこでより暗い顔をすると、その暗い顔に引き寄せられた人も寄って来ます。

また状況がキツくなればなるほど、何が起きるかというと、それをフンッと跳ね返す力が必要になるわけなんです。

その跳ね返す力というのを考えてみた時に、そこで暗い顔をしていたら、なかなかそこから抜け出せないわけなんです。

抜け出すためには、本当に笑顔の力を通して、一回ちょっと笑ってみる…。

それは別にお笑いを見ても良いでしょうし、もしくはそういう笑いを、本当に面白い仲間がいるのであれば、そういう人に電話してみるのも良いでしょうし。

そういう気分になれないというのはあるでしょうけども、そういう気分をむしろ作り上げてくれる人、もしくは作り上げてくれる番組、音楽、そういったもので一回取り戻してみて、一回笑ってみると、なぁ~んだということが非常に多いと感じています。

以前、夜中に悩みを抱えることが多いという話をしましたが、夜、こういう落ち込んでいる時、陰のエネルギーが強い時というのは、自然とそういう悩みなどが出て来やすくなるのですが、一回そこで寝てしまって朝起きてやるというのも大事です。

また「今すぐ変えたい」というのであれば、距離を置くということで、自分の全く違った趣味、ゲームであっても良いでしょうし、お笑い番組でも良いでしょうし、一回距離を置くということ。

それは感情的に。

その時、感情をそこに溺れさせないということが、凄く大事だなということを最近すごく感じます。

感情のコントロールという話がありますけれども、簡単に言うと感情をそこに置いておかないということです。

一昨日、相談されていた方も、結局一回、笑かしてみようということで、色んな話をしながら、そういう不幸話も含めて、一回ちょっと関係ないことも含めて笑っていただいた所、何が起きるかというと、本当に色々悩んでいたけれども、そういったこと自体がバカバカしくなってきたと。

そんなことを考えている暇があったら、もっと楽しいことに向けた方が良いなと。

もっと言うと、この話もしたのですが、暗い時、自分のエネルギーが低い時にそれをやろうとして、全部完璧にやろうとすると、もちろんそれはできないわけですから、それが「できない理由」になってやめてしまって、全部捨ててしまうと…。

そういった悪い連鎖を起こしてしまいますので、全部捨ててしまうくらいだったら、一回放ったらかしにしてしまうと。

置いておいて、ちょっと待ってみると、色んな味噌や納豆とかもそうかもしれませんが、放っといて忘れていたら発酵して上手くなっている可能性もあります。

ですからその時間の力ということも大事になってくるんではないかなと、非常に感じるわけなんです。

世の中というのは、その出来事に対して解釈の仕方が無数にあると言いますが、その解決方法も無数にあると。

無数にあるということは、必ず解決できる方法があると。

それはあなた一人じゃなくて、色んな人の力を借りたり、あなたの成長を待つために時間を置いてみたり、そういったことが本当に大事になって来るんですが、そういう冷静さを失わないためにも一旦感情を元に戻す。

そういう意味を込めて、ぜひ周りの友だちで困っている人、悩んでいる人がいたら笑い飛ばしてあげる…。

笑わかすことができなければ、自分が笑ってあげると。

そこで、何を無責任なと言われても、自分にはこれしかできないと思って、一回バカバカしいというくらいに思って貰うこと。

「バカになれ」ということも大事です。

天才になることはできませんが、バカになることだったら誰にでもできることかと思います。

ですから笑い飛ばせるバカに自分がなること。

これが如何に大事かなということを、改めて感じた次第でした。

天気も、ずっと雨になることはありませんし、ずっと晴れになることもありません。

そのタイミング、時期を待つという意味でも、大事なのはその時の、一時の感情に全部どっぷり浸からないこと。

これをとにかく注意していただければ良いんではないかなと思います。

まずはお笑い番組でも何でも、自分がこれを見ると笑ってしまう…。

プッと思い出し笑いをしてしまう…。

そういったもの、エピソードを一回思い出してみていただければと思います。

どうもありがとうございました。

編集後記

笑顔の力

冒頭に引き続き、スタッフの拓です。

昨晩もバーで、会社のPCが入ったカバンをタクシーに忘れてきてしまったと悩んでいる友だちがいました。

タクシー会社に電話して、忘れ物係もチェックしたけれども、見つからないと。

これは始末書ものだ、下手したらクビになってしまうかもしれない。

そんな風に落ち込んでいましたので、次に取るべき行動を具体的にアドバイスしつつも、まぁ今考えても何か変わるわけじゃないからと、色々笑かしつつ、今日のメルマガの内容もシェアしたりしながら話していました。

25時半頃、その子は帰宅して行ったわけですが、帰った早々

「あった! 家にあった!」

と喜んでメッセージを送って来ました。

こちらとしては何が何やらという話でしたが、きっと今回の出来事で、その子も大切なものを無くさないよう、今後一層の意識を持つようになるでしょう(笑)

ここで話を真剣に聞いていた側としては、真剣に話を聞いて、アドバイスをして、たくさん笑わせようとして、考えようによっては「骨折り損のくたびれ儲け」と思ってしまい、人によっては「なんじゃそりゃ!」という具合で腹を立てたり、怒ったりする人もいるかもしれません。

でも、こんなバカバカしいことですら、笑い飛ばして意識を前へ飛ばして行った方が、その子との関係にとっても、私自身にとっても、結果的に良いんじゃないかなと思います。

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

幸せの定理ボランティアスタッフ

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


節税から運用まで、資産運用のご相談、お問い合わせはこちら