株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

次期FRB議長候補発表への期待

カテゴリー:NLメルマガ

来年こそは日本一を掴み取ろうに思いを馳せる竹井佑介

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

おはようございます!
スタッフの拓です。

幸せの定理で開催した先日の鎌倉日帰りツアーの模様を、弊社のWebサイトで昨晩掲載いたしました。

また同時に、11月18日のミャンマーに関する交流イベントのご案内も告知させていただきましたので、合わせて是非、ご覧いただければ幸いです!

当日は日本人を最も多くミャンマーへ送り届けている現地旅行会社の社長、アウンさんをお招きして、竹井と共にミャンマーに関する様々なお話をしていただきます。

詳しい話は公の場では残念ながら申し上げられませんが、アウンさんはミャンマーにおける要人中の要人の方々とも繋がりのある方で、今回の機会は他ではまずお聴きいただけない、本当に貴重でクローズドな話をお聴きいただくことができる機会になります。

定員を30名とさせていただく予定で現在動いておりますので、ミャンマーの歴史や国の現状、そして日本との結びつきや、投資対象としての可能性について学びを深めたいという方は、今すぐご覧いただいてお申込みください。

こちらは恐らく「次回はありません」ので、またと無いこの機会を、是非お見逃しの無いよう、よろしくお願い申し上げます。

【定員30名】日本人がミャンマーに感謝しなければならない理由を知ろう!

竹井佑介の相場観

171031GBP/USDの日足

いつもお陰様です!

昨日は相場、朝からどのような形になるかなと見ていました。

朝はなかなか流れが読めなくて様子見をしていたのですが、夕方になってGBP/USD、そしてドル円が共に日足のミドルで切り返していましたので、私はドル円の買いでポジションを持ちました。

ただここ最近、申し上げているように、上がって来た所を売られる傾向がありますので、ドル円を114円くらいをひとつの上限として、あんまり値幅を狙い過ぎないということを意識しながら113円ちょっとの所を買いで拾っている所であります。

今、来年2月で任期が切れるFRBの議長が次に誰がなるかということで、トランプ大統領が現職のイエレン議長はじめ、FRB理事のパウエル氏であったり、スタンフォード大学教授のテーラー氏であったり、この3人を中心にして検討しているということが明らかにされています。

これについて今週、

「週末のビデオ演説でFRBの次期議長を発表するつもりだ」

「素晴らしい仕事をする人になるだろう」

といった発言をされていましたけれども、そろそろその週末も近づいて来ていますので、ちょっと警戒しながら…。

もしくはそこに期待しながらドルが上がって行くような動きというものがあれば、

「噂で買って事実で売れ」

という相場格言通りになる可能性もありますので、その点も含めて注意して見ておいていただければ良いのではないかと思っています。

171031ドル円の日足

今、短期的にドル円は買っていますけれども、GBP/USDは買われていたりすることから、ドルストレートベースで見ると相対的にはドルが弱かったりもしますので、ちょっと注意が必要かなと。

またオセアニア通貨も弱いので、ヨーロッパ通貨以外はみんな弱いなという印象があります。

編集後記

事業の大先輩

今回、広島へ帰って来まして、一昨日は夜中まで、非常にお世話になっている事業の大先輩に色んな相談をさせていただきながら、色んなアドバイスをいただいて、本当に学びになりつつ、気づけば25時過ぎくらいになってしまって、こうした久々に会う方々というのは報告もさることながら、あまりにも気が合いますので、時間が経つのが速いなというのを思った次第でした。

そこから色々な施策に耽(ふけ)ながら、色んな準備をしているうちに、気がついたら朝の6時になっていまして、朝9時からオンライン英会話授業の予定がありましたので、

「あ、これはいけない」

と思って一旦はキャンセルのメールを出して寝たのですが、パッと目を覚ましたら8:50で、どうもそのキャンセルのメールが読まれていないようでしたので、そのまま9時からレッスンをさせていただいて、そこで英語の先生とも色んな話をしながら、ひとつの人生の流れとでも言いましょうか、色んなことが起きますけれども、

「全ては試されごと」

というのは学生の頃からよく聞いた台詞ではあったのですが、本当に色んなことを、ある意味で試していただいているような、そういった感覚が最近あります。

そこで鍛え上げられて行きながら、どこが穴なのか、それを一つひとつ埋めながら、やるべきことをやっていく…。

それが次のステージへ向かっていく、ひとつの大きな礎になっていくんだなということを、最近すごく感じています。

投資家としてはある程度こうやれば良いと見えてきた部分が、まだ個人トレーダーの域を出ない部分はあるとはいえあります。

アメリカの方から始まった投資の都市開発も、ミャンマーに今度は広がって行きますし、これが成功すればベトナムやタイなどにも行く可能性が出てきて、ひとつのことに集中していくと、それが広がっていくということがあります。

やはり投資の方はキャリアがありますので広がっていくんでしょうが、まだまだ事業の方はキャリアが少ないということを自分自身も認識しながら、如何に自分の力が足りないかということを踏まえながら、それをカバーするのはメンタルの部分。

ではそのメンタルを支えるのは何かというと、必死の努力、一生懸命やるということです。

不思議と最近は、何があってもあまり凹んだりすることもなく、何をやれば良いのかということを淡々とやる…。

一生懸命やる。

ひとつの事業を進めるにあたって、例えば2000~3000万円足らないというのであれば、それを埋めるためにはどうしたら良いのかということを考えて、準備して、それに必要な人たちをお声がけしながらやっていく…。

昨日も広島で不動産事業の方で、特に民泊関連に非常に強い、お世話になっている先輩がいましたのでお呼びして、一緒にランチをしながら話をしていくと、やはりたくさんアイデアが湧いてきます。

また一昨日の夜、多言語にとても優れた方はいないかなと、事業の先輩と飲みながら話をしていたのですが、二人同時に「あっ!」と思いだした人がいまして、元々Googleで働いていた、近くの六本木ヒルズで働いていた仲間なのですが、彼のことがちょうどパッと頭に浮かんだので、Facebookを見てみましたら、ちょうどこれから独立すると…。

まだ独立して何をやるかというのは、そこまではしっかり固まっていないと…。

ということで、元々不動産事業と親和性の高い所、特にGoogleの広告関連で動いていた方でしたので、早速その場で、夜中の24時くらいでしたけれども電話してみました。

そこで色んな意見、示唆、そして何より東京へ帰ったら会いましょうということで話がトントン拍子で進みまして、本当に神様というのは粋というか。

パパッと必要な人を、必要な時に、必要なタイミングで、必要なお金を含めて用意してくれるものだなということを、本当に最近、感じる次第であります。

今週末、新しいLLC(アメリカの都市開発投資案件に伴う合同会社)を設立するためにアメリカへまた行きまして、BOAで口座開設をしてきますが、そこへ行く意味というのは口座開設だけではなく、BOAに元々あるお金を一部、日本へ送金するという、そういった意味もあったのかと気づかされるようなこともありました。

本当に一つひとつ全てが無駄になるものが無いなと。

全て導かれているということを認識して動いて行くと、本当に見えて来るものが多いなと最近特に感じます。

その意味で、天からの愛、神様からの愛というのを感じたりもしています。

愛といえば昨日、妻のお父さん、お母さんをお呼びして、そして預かっていただいていた子どもたちとも約10日ぶりに再会することができて、本当に貴重な時間を過ごすことが出来ているなと感じた一方、この子どもたちは本当に天真爛漫で笑顔が絶えない、そして泣きたいときは泣く…。

そういった姿を見ていると、この純粋性から感じる感動というのは本当に深いものがあるなと、改めて感じた次第であります。

彼らからは、よく「子育ては親育て」という言葉がありますけども、育てつつ、育てられつつ、そしてある意味、切磋琢磨しつつ、どんどんどんどん発展していく…。

そういった家族で在りたいなということを、改めて思った次第でした。

もちろんフィリピンで頑張って来た妻とも10日ぶりに会うことができて、一家集合ということで、広島の大好きな家で、貴重な時間を、貴重な仲間たちと過ごせたということは、本当に大きいなと思っています。

ということでそういった大事な時間というのを認識しながら、たった一度の人生、どんどん進んで行ければと思います。

どうもありがとうございました。

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

幸せの定理ボランティアスタッフ

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


不動産・保険に関するお問い合わせはこちら