株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

ドル円113.5円を割ることができれば…

カテゴリー:NLメルマガ

171108ポンド円の日足

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

おはようございます!
スタッフの拓です。

(昨日の続きから)

私の今回の話、暴行事件ではなく傷害事件になっていまして、先日から加害者の弁護人から必死の示談を持ちかけられていますが、私としてはお金云々より、

「相手の方が反省さえしてくれれば良い」

と思っている…というのが正直な所です。

ただ、いくら28歳という若さとはいえ、当日の傍若無人な振る舞いがあまりにも過激でしたし、止めに入る前の、もう一人の被害者の方への一方的な暴行、そして私への苛烈極まりない罵声と暴行行為。

挙句の果ては

「酒に酔っていて全く覚えていない。警察や弁護人に状況を説明されて、自分はそんな酷いことをしてしまったのかと知り、それを反省している」

という、いくらなんでも覚えてないは無いだろうという弁明…。

私としては「覚えていないものを、どう反省するのだろうか…」という思いもあり、本当に彼にとって、今後の人生、あるいは徳のある人生を歩む上で、起訴まで持って行って刑事罰を処して貰うことを選ぶべきか、それともまだ若いこともあり、傷害事件ですから、それなりの金額になるとはいえ示談を選択して、不起訴となるよう被害届を取り下げてあげた方が良いのか…。

とても真剣に彼のことを考える日々が続いています。

やはり人ひとりの人生を左右する選択ですから、

「すでに完治した怪我のことで、まとまった金額が貰えてラッキー」

ということでは無いと思うのです。

このようなことを思うと、裁判員制度って本当に複雑ですよね。

私は今回、被害者の立場ですらこのように思い悩むのに、全く事件に関係の無い立場で人を裁かねばならない状況というのは、本当に難しいことなんだなと、改めて今回の経験で感じた次第です。

皆さんなら、どのような選択をするのでしょうね^^

竹井佑介の相場観

171108ポンド円の週足

いつもお陰様です!

昨日は東京、久々の雨が降りまして、雨と共に円高がスタートしました。

ドル円も114円くらいから売って行ければ良いんじゃないかとMTC/LTCのLINEグループメンバーと話をしていましたが、そこまで伸びずになかなか上値が重たいので、これから113.5円を割れればドンと落ちて行くような場面もあるのかなと感じています。

唯一、上がっていたポンド円、こちらも日足の+1σでピッタリ上ヒゲつけて下落して来ました。

下落の勢いも結構ありますので、やはり方向としては売られて行くのかなと感じています。

これだけ株高の方向へ動いて行ったのに、円安の方向に全て動きませんでしたので、これから調整で株価が下がって来るような場面があれば、もしかしたら今晩(収録は昨晩)かなと感じてもいます。

日経平均CFDも上ヒゲ陰線転換して来ていますし、昨日の日経平均の株価の終値も-23円ということで、ここまで爆上げして来ていた中、久々にマイナスで引けて、収録時点で日経平均CFDが-50円となっていますので、更に安値を拡大していっている形。

一旦、数百円の急落が株価でおきれば、あくまでも調整ではあるのですが、円高の方向へ加速していく可能性というのは大きく高まって行くのではないかなと期待して見ている所であります。

ですから全ての通貨ペアにおいて、上がって来た所は売って行く…その戦略で淡々と狙って行ければと思っています。

ようやく流れが出て来るかなと、期待している所であります。

ここから上がられたら、どうしようもありませんが、下がってくれれば予想通りということで、結構な利益が取れるかなと期待して見ている所であります。

編集後記

骨折した足の親指

昨日の東京は雨が降ったものの、非常に暖かい気候で非常に過ごしやすかったです。

今回、Facebookにも交通事故のことと、そして足の親指が結局、骨折していまして、そこで色んなアドバイスをいただいたんですけども、これまで私も考えてみると、小学生時代の大雨の時の交通事故のことと、大学1~2年生の時、バイクに乗っていまして、車が進入禁止の方角からガーッと上がって来て、逃げ場が無くてドンとぶつかって、そのまま溝に落ちてスーツがボロボロになったまま、広島市内のある会に行ったことを思い出しました。

その時も、この会に出られないと教員免許が下りないということで非常に重要な会で、私たちの教員養成課程はゼロ免はダメだと。

免許が無いと卒業できない所でしたから、車に轢かれたとはいえ、そこは示談にして、すぐ行って…。

今回もぶつかって、結果示談にしたということで、今思うと全ての交通事故において、警察に報告したことが無かったなと、非常に反省した次第でした。

次の日に報告すると、件分から何から物凄く大変でして、本当にぶつかった瞬間に、とりあえず110番だけでもしておいて、相手方と話をして去っていく…。

そういったことが大事だったんだなということを、本当に感じた次第です。

全てに共通するのは、大雨の中で、視界が悪い中で、地元の島にA-Coopという生協みたいなところがあったのですが、そこでドーンとぶつかったのと…。

次の広島の大事な会に急いでバイクで向かっていた時に、逃げ場のない所に車が突進してきて、ぶつかってしまったことと…。

そして今回のG不動産の方で物件を借りてくださった竹内社長にインタビューをさせてもらいに行く途中だったのですが、これも早く行かなきゃという所で、ちょうどアメリカから日本に帰って来たばかりということもあって、色んな支払いやら、打ち合わせやら、本当に分単位でスケジュールを詰め込んでいまして、電車で行ってもとても人形町まで間に合わないということで、自転車に乗り換えてダッシュで行こうとした矢先の出来事でしたので、全ての事故が

「時間的に余裕が無い時」

に起きているなと感じた次第です。

ですからこういった、余裕が無いようなことをやると、ふとした事故で命を落としかねませんし、またその後の事故対応も曖昧になってしまいますので、本当に余裕を持ってやる必要があるなと。

そして余裕を持ってやるためには、本当に右腕、左腕、会社の方で作って行きながら、あるいは家族もそうかもしれませんが、全てを自分でやろうとしてしまっていますので、ビザのことであったり、資金繰りのことであったり、更には税金のことであったり、もちろん事業のビジネスプランの策定のことであったり、本当に色んなことが重なり過ぎていて、一つひとつ余裕が無くなって来ていましたので、そういうことじゃいけないなと思い知らされた一日でした。

ですから本当に余裕が持てるように、これから意識的に時間の使い方というのを気にしながら、行きて行ければと思っています。

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

幸せの定理ボランティアスタッフ

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


節税から運用まで、資産運用のご相談、お問い合わせはこちら