株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

上がった所を売る準備

カテゴリー:NLメルマガ

171220豪ドル円の週足

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

おはようございます!
スタッフの拓です。

一昨日の夜、私もまさに今この瞬間が…と思ったものですが、日々それは上書きされていき、本日あなたがこのメルマガをこうして読んでくださっていることにこの瞬間、感謝いたしながら、是非このまま編集後記まで、じっくりとお読みいただければ幸いです。

本日の編集後記は感動巨編となっておりますので、お楽しみくださいませ!

竹井佑介の相場観

171220ニュージーランドドル円の週足

いつもお楽しみでお陰様です!

昨日はミャンマーから帰国しまして、そのまま新宿の京王プラザホテルへ行きまして、横田南嶺氏の講演会に参加させていただきました。

今回、致知出版主催による2回目の講演会だったのですが、あまりにも感動し過ぎて、終わった後も横田管長と話し込んでしまいました。

その内容については後ほど、編集後記でお伝えしたいと思います。

さて相場を見てみますと、昨日はかなりせわしない一日でしたので、なかなかじっくりチャートを見られなかったのですが、夕方の時間にチェックしてみますと若干円安の方向と…。

それは当然の話で今、米税制改革法案が一昨日の夜、下院で可決されたのですが、結局こちらは瑕疵があったということで、採決のやり直しということになりました。

しかしながら上院では可決されましたので、ドル円は113円台まで上昇して来ています。

今回、下院でもう一度可決されたとしても、これはもうある意味、予想通りということで、むしろ上がってくれたら売り込んでいく、年末のひとつのチャンスになるのではないかなと見ています。

ですからこちらの動きだけはチェックして行きたいと思っています。

また豪ドル円やニュージーランドドル円などを見ると、豪ドルは上がってしまいましたが、次に週足のミドルで頭を抑えられるかどうか。

そしてニュージーランドドル円は相変わらず頭が重たいので、このまま下げるかどうか。

まだ揉み合いの域は抜けていないかなという所ですが、今回アメリカの税制改革法案がありましたので若干、円安の方向へ向かっていますけども、上がりきった所は売って行きたいと感じている所であります。

そうはいってもこの米税制、35%から21%になるというのは、今回のミャンマーの会議でも何回も話題に上りましたが、本当に大きな変化です。

また今、ちょうどカリフォルニアに会社を設立するための準備で動いていますけども、むしろ本社機能をアメリカに移したくなるくらいの大きな変化でありますので、ここはしっかりと事業計画も練り、アメリカという場所の特性も活用しながら進めて行きたいと思っています。

編集後記

達磨大師

今回「禅の教えに学ぶ人間学」という講座の第2回ということで、「自在に生きる」というテーマを『碧巌録(へきがんろく)』という有名な禅書から。

私のメルマガの読者様でいらっしゃれば、もしかすると覚えていらっしゃるかもしれませんが、前回11月の第1回目のテーマは『無門関(むもんかん)』という禅書からの学びでしたが、今回は『碧巌録』。

恐らく禅の勉強を際、最も有名なのがこの『碧巌録』かと思いますけども、こちらを題材に勉強させていただきました。

細かい内容はシェアすると難しくなりますので、本当に大事なことだけお伝えしたいと思います。

まず前回の『無門関』で学んだ無や空について、私のFacebookやこちらのメルマガでもシェアさせていただきましたけども、非常にざっくり振り返りますと、無や空の状態を作っていくわけですが、作って行くというより、そもそも無と空なので、それを感じることが大事だと。

そこで無や空が何かと言いますと、「差別や区別の無い世界」ということにそのまま繋がります。

ということは、差別や区別の無い世界、この世界を感じるためにはどうしたら良いかというと、全てを包み込む広い心を持てばそのように感じられるということです。

何か違うと思うから相手を責めるわけです。

全て自分の内側の世界だということに気づけば、差別や区別がそもそもナンセンスな話ということに気づいてきます。

ということはその広い心、これはまさに慈悲の心であるということで、無や空は差別や区別の無い世界に繋がり、そしてそれは慈悲に繋がるという話を前回の勉強会のシェアの中でしました。

これをベースに今回、更に突っ込んで話をしていくわけですけども、特に皆さんにお伝えしたいものとしては、とにかく仏性、仏というのは外にではなく、自分の中にあるということです。

それをしっかりと認識した時に、偶像崇拝など色んな宗教を否定していますが、それは何故かと言いますと、外に聖なるものを置くから、自分以外のモノに目標・目的を置くということ自体がそもそもズレているという話なのです。

もちろん芸術としては素晴らしいので、そこに神性、もしくは仏性を感じて感動するということは素晴らしいことではあるのですが、本当の本質というのは自分の外ではない。

自分の外にある聖なるものをこの宗教というものは否定しておりまして、自分の中にある神性・仏性は大いに肯定していると…。

例えば禅を作ったと言われる達磨大師も、達磨様を崇めるのではなく、自分の中に達磨様を見出す…。

そういったことが如何に大事かということがあり、そうすると人への接し方も変わると…。

人の中にも慈悲の心、達磨様、観音様、そういったものがあるわけですから、簡単に人の表面だけを見て否定したり、責めたりするということは、そもそも根本としてズレている。

こうしたことを非常に意識しなければ、どうしても人間というのはズレていってしまうんですよということを、この禅の教えではひたすらに伝えています。

一般に、無や空と言って、何も考えないことを座禅でやるようなイメージがあるかもしれませんが、座禅中ももちろん外のことを考えます。

本当に大事なことは、心の広い世界で見ると、全てのことは米粒みたいな話であるということです。

そして外側の世界、自分側の世界とありますけども、それを包み込む心の世界です。

その大きさをしっかりと認識していくということ。

有名な華厳の滝というものがありますけども、「華厳」というのは仏教の究極とされているもの…。

これは何かと言いますと、「みんなが仏である」という世界であるということ。

そもそもみんなが仏なのですが、それをちゃんと自覚して、それを実践している世界ということです。

その華厳の世界であるということを、我々は如何にちゃんと理解して、人と接していくことができるのか。

そうするとこのような話も出て来るかと思います。

それは今回、横田管長にも質問させていただいたのですが、

「生きる上で、最も大切にされていること」

「同時に、今生でこの肉体を得て、一番感動したことは何か」

とお聞きしました所、即答されました。

それは

「今、まさにあなたと話しているこの出会いなんですよ」

という話をされました。

つまり最も感動したこと、そして最も大切にしていることは、過去ではなく今、今まさにこの瞬間だという話をされて、それを即答された時に、本当に涙が出るような思いでして、本当にそうだなと。

まさに一休和尚がこの世の中に現れたかのような、本当にそういったものを横田管長から感じることができました。

そうした自然体に生きられながら、自由自在にこの世の中を生きていらっしゃるその姿に、本当に感動しましたので、是非このメルマガの読者の皆様、もしくは幸せの定理のイベントでも、横田管長は毎週第2日曜日に朝9時から講演をされていますので、如何に私が管長に感動しているのか…。

色んな禅の勉強をさせていただいていますけども、ちょっと横田管長は別格だなということを本を読んでいても非常に感じる所がありますので、是非体験していただいて、特に円覚寺の近くに居らっしゃる方は足を運んでみられたら良いのではないかなと思います。

久々にここまで深く感動できた一日でしたので、これをまた実際の生活で実践していけるように生きていきたいと思います。

どうもありがとうございました!

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

幸せの定理ボランティアスタッフ

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


不動産・保険に関するお問い合わせはこちら