株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

月足の強烈なサイン

カテゴリー:NLメルマガ

180117ドル円の月足

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

おはようございます!
スタッフの拓です。

本日もNLメルマガをご覧いただき、誠にありがとうございます!

このメルマガですが、スマホでは読みやすいけれども、パソコンからだと読みにくいのではないか…という話が出ました。

そこで本日は、「竹井佑介の相場観」では改行を減らし、PCで読みやすい行の長さで文章を構成しています。

「編集後記」は昨日までと同じスタイルでの改行となっておりますので、

『皆様が普段読まれている環境で』

どちらがより読みやすいか、本日のメルマガでアンケートを取らせてください。

アンケートはラジオボタンでどちらが読みやすいか選んでいただき、1クリックで完了します。

皆様に必要以上のお手間は取らせませんので、編集後記の直後のリンクから、どうかご協力をいただければ幸いです。

「選択肢を1つ選んでいただき、送信ボタンを押していただく」

皆様の貴重な時間を2秒いただくことになりますので恐縮ですが、是非このメルマガがより皆様にとって読みやすいものになるよう、ご協力をいただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

(本ブログ記事はこれまで通りです)

竹井佑介の相場観

180117ポンド円の月足

いつもお陰様で、お楽しみ様です!

昨日は東京、久々の恵みの雨ということで、非常に涼しい一日を過ごすことができました。

また昨日は横田南嶺管長と月一回の勉強会でお会いすることができまして、また非常に学びになりましたので、少し編集後記でシェアしたいと思います。

さて相場の方、ここ最近ドルが非常に弱かったのですが、結構凄い所で反発して来ています。

これがなんと月足のミドルライン、ここで下ヒゲつけて上がって来ていますので、これはもしかしたら強烈な買いサインになる可能性があります。

110円の前半は日本の年金筋が買ってきたということで、110.2円辺りから切り返してきたのではないかと噂されていますが、いずれにしましてもこの辺りの水準、110円前後というのは月足のミドルですから、ここで跳ね返すということには非常に意味があり、要チェックです。

方や一辺倒に上げていたユーロ円は、日足でソーサートップの形ですし、ヒゲが3つも並んできて昨日も上ヒゲ陰線転換していますから、一旦は落ちやすいのかなと感じています。

EUR/USDは月足+2σで上ヒゲつけてピッタリ押さえられていますので、EUR/USDが一旦ストンと落ちるような場面がある可能性が高いです。

月足という意味ではポンド円、今20MAと10MAがゴールデンクロスしていまして、下ヒゲをつけて+1σで支えられています。

今ちょうどこれまで高値を頭抑えられていた所を、ちょっと抜けて来た感じなのでポンド円が一気に上がって来る可能性が出て来る…そんな形をしています。

ですからドル円、ポンド円の買い、そしてEUR/USDの売り、こういった所を中心に見ながら…。

もちろん豪ドル円なども先週の週足ミドルで下ヒゲをつけて上がって来ていますので、今週も上がれるかどうかという所ですが、ドル円やポンド円などの魅力に比べると、ちょっと弱いかなと感じています。

一旦ポジションを決済しまして、今年最初の大勝ちを取ることができましたので、次の取引を慎重に見極めながら狙って行きたいと思っています。

編集後記

横田南嶺管長とツーショット

昨日は致知出版の藤尾社長を介しまして、横田南嶺管長とお会いできました。

この少人数の勉強会の中で、この禅の奥の深さというか、人間が元々持っている仏性…仏の性質、キリスト教で言えば神性ということになるかもしれませんが、そういった非常に尊いものが内側にあるということを、本当に教えていただいています。

やはり偶像や経典、教え、そういったものばかりに意識が行って、その内容が身体に入っていない人というのは何が問題かというと、そういったものを焼かれたり、仏像を壊されたりすると、非常に怒ってしまったり、キレてしまったりします。

しかし実は、達磨大師もそうですけども、今思えば達磨落としだったり、選挙の時の目入れに使われたり…。

禅を作った方がこうした仕打ちを受けているにも関わらず、これをこのまま受け入れられている禅の教えというのは、ある意味、諍(いさか)い、争いを起こさない、ひとつの形ではないかなと思っています。

そうした形あるもの、もしくは外界のものに執着し過ぎて、それを非常に気にし過ぎることなく、本当に大事なものは何か。

大事なものは内側にあり、それを通して外側の世界も見えているということを意識していくことが本当に大事ではないかなと思っています。

ということでまた幸せの定理のメンバーにはオンラインサロン内で今日のノートのシェアもしたいと思いますので、ちょっと難しい内容なのですが、深く読んでいただいて、解らない所はどんどん質問していただければ幸いです。

ということで今回、話を終えて行きたいと思います。

どうもありがとうございました。

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

幸せの定理ボランティアスタッフ

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


不動産・保険に関するお問い合わせはこちら