株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

これから大きく相場が動きそうな展開

カテゴリー:FXトレード , NLメルマガ , 暗号通貨

激戦の社長ブログランキングに、
弊社の竹井佑介も参戦します!!

↓↓↓↓↓↓↓
社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

竹田和平生誕85周年

おはようございます!
スタッフの拓です。

昨日2月4日は、竹田和平さんのお誕生日、生きていらしたら85歳になるということで、そのお祝いと、お弟子さんの出版記念の会でもある

「竹田和平生誕85周年 ありがとうでまろUP! 出版したよ記念! 開運!花咲祭」

に出席して参りました。

竹田和平さんと、そのご家族のエピソードを舞台化した演劇が非常に面白く、またいつもニコニコしている印象の和平さんが、ご家族にとっては大きな大きな壁のような感じられる絶対的な存在であったということも、非常によく伝わって来る内容でした。

特にこの舞台を行う上で、ご家族の方からは

「和平を神格化しないで欲しい」

という思いから、一度はお断りされのだそうです。

しかし作家さんや周囲の熱意によって、ありのままの和平さんが舞台化されたことで、ひとつまた私たちにとっては新しい和平さんを知ることが出来なのではないかなと思いました。

非常に素晴らしかったこちらの舞台のエピソードに関しては、まさに昨日出版された

「日本一幸せな大富豪 竹田和平さんが命をかけて教えた 魂に火をつけた5つの物語」

という本の第五章に収録されておりますので、是非ご覧ください。

今回の会への出席によって、こちらの書籍をいただけたので、私も早々に読破してNEXT LEVELのスタッフにもシェアしたいと思っています。

本日もNLメルマガをご愛読いただき、誠にありがとうございます!

竹井佑介の相場観

180204ドル円の日足

いつもお陰様で、お楽しみ様です!

今週はパウエルFRB議長が就任されるということで、2月5日から始動していきますけども、いきなりのNYダウの665ドル安…。

こちらは歴代6位の下げ幅だそうです。

また2008年12月1日以来、9年2か月ぶりの大幅安ということで、当時はリーマンショックの時ですから、結構大きな下落だったということが解ります。

とはいえ今回、年末から年始にかけて、かなりの急上昇をしていましたので、それに対しての調整だったと見ることもできます。

また先日の雇用統計の結果を見ますと、先月分が情報修正されて、今月分も予想より高かったということで、非常に強いアメリカの経済状況を示していると感じています。

今回の原因は金利の上昇、ドル高、そして株安…よくよく考えて見ると、昔はこの流れが当然だったわけです。

これが最近までは逆転していたのですが、通常の流れに戻って来たと見ることもできます。

今回の金利上昇の最大の理由というのは、インフレ率がずっと厳しかった…1.7%程度でイエレンFRB議長も「唯一の心残りが、このインフレ率が上がらなかった」と…。

資産価値は上がったものの、インフレ率だけは上がらなかったということで、非常に悔しさを滲ませていました。

先日の2日に発表した1月の雇用統計は、調べてみると賃金上昇率も8年ぶりの大きさということで、これは物価の上昇圧力を期待させるような数字でした。

ですからこのインフレが回復してくるということは、それを抑えるために金利が上昇してくる…。

これは自然の流れではないかと感じています。

今週、チャートをチェックしている通貨ペアはいくつかあるのですが、まずはドル円の日足。

こちら日足のミドルで上ヒゲがタッチしていますので、ここから落ちて来る可能性は高いのではないか。

またEUR/USDが月足でかなり高値をつけてきたのですが、これがダイバージェンスになりそうな形になってきています。

高値を更新したもののダイバージェンス…これも要注意です。

180204EUR/USDの月足

もう一つは豪ドル円。週足のミドルラインまで落ちて来ました。

最近、原油価格がだいぶ上がって来ていたこともあって、不安定になってきていますから、ここらで一旦、調整するかもしれないということで、久々にCFDを使って原油もトレードしようかと考えています。

原油が下落してくると、資源価格の下落がそのまま豪ドル円の下落にも連想されて繋がります。

週足の形を見ると今、三尊天井の形を作ろうとしていますので、豪ドル円が急落するような…特に株安、そして円高の流れが起きるのであれば、その場合は豪ドル円の売りというのは特に意識して見ておきたいと感じています。

また今回の相場の調整に伴って、ビットコインなどの暗号通貨が大きく落ち込んで来ています。

編集後記

180204豪ドル円の週足

最近は暗号通貨も研究していますけども、よくよく見て行くと非常に多くの欠陥が目立ちます。

元々、色んな国に対しての送金を、ストレスなく、時間も短く、かつ手数料も安くとなっていましたけども、ビットコインなんかは今や時間もかかるようになってしまって、高い手数料もかかってしまい、ビットコイン・キャッシュや他の暗号通貨が色々出て来ています。

ここでふと考えて見たのですが、為替が大きく落ち込んで来たりすると、例えば中央銀行みたいなところが買い支えたり、協調介入したりして通貨の安定に動くわけですが、暗号通貨の場合はそういうものがありません。

暗号通貨がドーンと暴落した時に、暴落したら暴落した分だけみんながどんどん売って行くので、普通の通過の下落では考えられないくらい下落するのではないかなと思ったりします。

そういった意味で、大きな母体…国が母体で暗号通貨を作っていったら面白いかもしれませんが、ちょっとやそっとの大きい企業や、誰が作ったのかよく解らないような機関であれば、何かあった時にそれを助けようとする人たちが殆どいないわけですから、ただ悪戯に売られて行くばかりで、終いには殆ど値がつかずにシーンとしてしまう…そういった状況も予想しておかなければならないかなと感じています。

最近、VALUなどで自分に価値をつけて資金調達をするような話も出ていまして、その最たる例がある意味ICOであったと思います。

技術に対して資金を集める…しかも通常の株式上場よりも大幅な手軽さでできるということで、このシステムは非常に面白いと感じて今、勉強して更に追求している所ですけども、この暗号通貨の不安定性に関しては非常い注意をしておかなければならないと感じています。

例えばマイニングをするようなサーバーに投資をしたりすると、確かに損益通算になったりはしますけども、今後そのマイニングの利益がどれだけ出るか解りませんし、暗号通貨の母体がグラグラとグラついているわけですから…。

そういった意味では私の直接の知人たちには、着実に税金を払って信用もつけて、そして不動産を買って行くような流れが良いのではないかという話をしています。

こういった、できた資産を一瞬で溶かしてしまうのか、ちゃんと資産化できるのかというのは、本当にその時のいわゆる富保有意識に関係してくるわけですから、しっかりと学んでおかなければならないと感じています。

ということで、ハワイへ帰って来て、ちょっと気持ち…心に余裕が出来たりすると、トレード熱がまた自分の中で沸々と上がって来ていまして、これからまた相場が大きく動きそうな展開ですから、株、原油、そしてFX…。

本当は暗号通貨までやりたかったですが、ここまではちょっと頭が回らないかなと今、感じていますので、こちらはICOの勉強をする程度に留めて、ちょっと株、原油、FXをしっかりと見ていきたいと思っています。

ということで今回の話を終えて行きたいと思います。

どうもありがとうございました。

本日の記事が少しでも有益だと感じていただけましたら、ブログランキングにご協力いただけますと幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

幸せの定理ボランティアスタッフ

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


不動産・保険に関するお問い合わせはこちら