株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

クロス円反発の兆し

カテゴリー:FXトレード , NLメルマガ , アメリカ中古不動産 , アメリカ新築不動産 , 国内民泊不動産 , 富保有意識アップ講座

激戦の社長ブログランキングに、
弊社の竹井佑介も参戦します!!

↓↓↓↓↓↓↓
社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

180215ユーロ円の月足

おはようございます!
スタッフの拓です。

いつもNLメルマガをご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。

こちらのメルマガでも3/3に暗号通貨に関するセミナーを開催予定でしたが、暗号通貨に関する税金で不安をお持ちの方やお困りの方は、人前で相談することが憚られるとのお声をいただきました。

こちらは至極当然だと弊社でも重く受け止めさせていただきましたので、今回のセミナーは一旦中止とさせていただき、変わりに暗号通貨に関する税金面について不安やお困りごとのある方は、個別に弊社までご相談いただけましたら幸いです。

ご期待いただいておりました皆様には、大変申し訳ありませんが、ご理解とご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせフォームはこちら

竹井佑介の相場観

180215カナダドル円の日足

いつもお陰様で、お楽しみ様です!

昨日はドル円を除いたクロス円の日足で下ヒゲがついていましたので、一旦反発の兆しが出ているのではないかと見ておりました。

そうは言っても日中は、一時、株価の方は前日比で400円以上反発しましたので、非常に好調な動きになるかと思っていたのですが、もう一度下げ幅を拡大しました。

その後、夕方に見てみると、前日の安値を全然超えられていませんでしたので、いよいよ一旦、買われるタイミングかなと見ている所であります。

180215ユーロ円の日足

今、気になっていることは、ゴールドマン・サックスのロイド最高経営責任者(CEO)は13日のイベントで「市場環境は明らかに望ましい状況になってきた」との見方を示しておられました。

ゴールドマン・サックスは最近、債券トレーディング部門の人員を増やした所ですが、トレーディング部門の不調が響き、2017年10~12月期は6年ぶりの赤字決算となってきた…。

ということで、トレーディング部門がちょっと怪しくなってきているという所は私たち、注意しておかなければならないと…。

ボラティリティも上がって来ていますし、またどちらに向かおうとしているのか…。

今は完全にドル安ですから、ドルストレートでドルを売って…つまりEUR/USDやGBP/USDを買っていく方が解り易いかもしれません。

いずれにしましても、ドル売りを一昨日もやっていたのですが、そろそろ決済をして、次の動きを見るためにクロス円の買いサインのポイント…特にニュージーランドドル円はこのメルマガ用音声を収録時点で前日比プラスマイナスゼロまで戻って来ていますので、ちょっと注意して見ておきたいと思います。

非常に相場が不安定ですから、原油も一旦落ち込んでまた61ドルまで戻して来てボラティリティもありますので、振り回されないように注意しながら、一個一個注意して見て行ければと思っています。

編集後記

180215ドル円の日足

日本に帰って来ると、非常にたくさんやることがあります。

波乱順調ではないですが、本当にやりたいこと、やるべきこと、たくさん山積みになっていますので、自分の情報処理能力をもっともっと上げなければということで、効率化、語学習得のスピードアップ、そして業務処理能力、そして周りの力を借りる協調力とでも言いますかコミュニケーション能力。

全てのものをもう一段階、もう二段階ギアを上げて行かないと、とてもじゃないけど間に合わないと感じています。

明日、17日も最新の合法民泊不動産投資についてのセミナーで話をしますけども、今どんどん話が大きくなっていまして、各大手の業者から数十軒単位で買いたいという話もいただいています。

そのためには調達に力をかけなければなりませんので、上場企業の不動産会社様とタッグを組みながら物件調達で力を貸していただいて…。

また先日、不動産業界では有名で問題になった「かぼちゃの馬車」…シェアハウスを全額フルローンで購入できますよ、そしてサブリースで利回りを保証しますよといったものが出回っていました。

こちらは某銀行が融資をストップしたことによって、この事業が頓挫するような形になって来ていますので、それによって同じ事業モデルでやっていたサブリースモデルの不動産会社がだいぶ苦しんでいます。

そこを救う意味でも、彼らは土地を仕入れる、物件を建てる、そして融資を引く力がありますので、民泊の方で力を貸してくれないかということで、本日もある会社の役員の方と打ち合わせをさせていただき、こちらの方から事業提案をさせていただくという形になっています。

またアメリカの方もダラスが今、全米で1番成長している町だということで、ある意味予想通りだったわけですが、どんどん発展していくに従って、日本の投資家さんたちもどんどんアメリカの方に意識が向いて来まして、こちらを銀行に営業しながら、なんとかアメリカの不動産に融資をつけていただけるように…。

今、西京銀行がハワイの不動産に関しては2.8%で融資が引けるような状況ですけども、そういった所もどんどんハワイだけではなく、アメリカのテキサス…そういった所まで手が伸びるようになって、そして私たちがやっている都市開発プロジェクトにまで融資がつくようになれば、非常に面白くなってくるのではないかと感じています。

何といっても約950兆円ほどの現預金が日本には眠っています。

そのパワーというのはとんでもないものがありますので、これを、今まででは担保にならなかったようなものを地方の優良企業の方に貸し付けることによって銀行も貸付対象ができます。

また金利も0.何%ではなくて、2%以上でも全然貸せますし、企業もそこで減価償却および新築不動産による利回りの確保、そういったことがアメリカで実現できます。

そうしたことも含めて大きな絵を描いて、日本の民泊不動産、そしてアメリカのテキサスへの不動産投資…特に都市開発、そういった所へ強化しながらやって行きたいと思っています。

民泊不動産を数十軒、買いたいと仰っていた会社の社長様も、アメリカ不動産の方では生徒さんとして来てくださっていたようで、月末には一緒に会食することになりましたので、本当に色々やっていたことは違うように見えても、繋がるものは繋がるということを感じている次第であります。

ということで今回の話を終えて行きたいと思います。

どうもありがとうございました。

本日の記事が少しでも有益だと感じていただけましたら、ブログランキングにご協力いただけますと幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

幸せの定理ボランティアスタッフ

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


節税から運用まで、資産運用のご相談、お問い合わせはこちら