株式会社NEXT LEVEL(ネクストレベル)公式メルマガの内容を2時間遅れで公開しています。

メニュー メニュー

FXトレーダーの羅針盤。NEXTLEVEL公式無料メールマガジン

富保有意識アップ講座 第282回「集中読書 決めたら1日10冊は読め!」

カテゴリー:NLメルマガ , 富保有意識アップ講座

激戦の社長ブログランキング、
本日の順位、是非チェックして見てください!!

↓↓↓↓↓↓↓
社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

おはようございます!
スタッフの拓です。

本日もNLメルマガをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

さて昨日は、「3つの壁」のうち、1つ目の壁についてお話をさせていただきました。

本日は2つ目の壁について、編集後記でお話させていただきますね。

ところで…今回の私の連載ですが、皆様にお役立ていただけておりますでしょうか?

是非、YesかNoを選択いただくだけのアンケートにお答えいただければ幸いです。

こちら、「Yesが100に満たない場合」、もしくは「NoがYesを上回る場合」は連載を中止しようと思います。

長文を苦痛に思われていらっしゃる方もみえるでしょうから、喜ばれていないようでしたらヤメようかと思いまして…。

一方通行のメルマガでは皆様の反応が解りかねますので、こちらから簡単に選択いただくだけのアンケートにご協力ください。

皆様のYesが100件以上ございましたら、もう少しの間だけですが、続けて参りたいと思います!

アンケートはこちら

富保有意識アップ講座

富保有意識アップ講座 第282回

【集中読書 決めたら1日10冊は読め!】

語学でもトレードでも何事もマスターするには最初の集中した時間を命を削って投入することは大切!

編集後記

冒頭に引き続きスタッフの拓です。

昨日は3つある壁のうち、1つ目の壁「ゼロイチの壁」についてお話しました。

本日は2つ目の壁についてお話したいと思います。

ズバリ2つ目の壁は「資金管理」です。

資金が増えて来ると、人は調子に乗ります。

もちろんかつての私も(笑)

最初は厳格に「最大30pips以内の損切り幅で、資金の2%が最大の損失」になるよう計算して枚数調整していた人も、トレードに慣れて資金が増えて来ると、ついつい持てる限りの枚数でポジションを持つようになる人が本当に多いです。

例えば15万円から始めた人が、順調に資金を増やし45万円になったとします。

これくらいの資金の場合、殆どの通貨ペアで大体3万通貨をポジションのMAXにするべきなのですが、何となく焦れったく感じてしまい、損切り幅が最大のエントリーであるにも関わらず、45万円で持てる最大ポジション、9万通貨などでポジションを持ってしまう…。

結果、1回の損切りで大きく資金を減らす…。

そしてその損失を1回のトレードで取り戻そうと、再び持てる最大のポジションでトレードし、再び損切りで大きく資金を減らす…。

次第に持てる枚数が減って行き、じり貧になっていく…。

このような経験、これをお読みの皆さんの中にも経験がおありの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

一度大きな枚数でトレードすることによる「資金増減のスピード」を体感してしまうと、少ない枚数でのトレードが非常に焦れったく感じるようになってしまい、ついつい今持てる最大の枚数でトレードししていってしまい、気がついたら資金が半分以下になっていた…。

このような方が本当に少なくありません。

またちゃんと損切りしていればまだしも、資金の6%もの損失を今度は気持ち的に許容できなくなり、損切りを自分に不利な方向へ動かしてしまって、いよいよ耐え切れなくなり、一度のトレードで資金の1割、2割、3割といった大きな金額を失うことも…。

こうなるともう、坂を転げ落ちるようにどんどん資金は目減りしていき、自信も失い、また大きな枚数でトレードもできなくなって、どんどんどんどん窮屈になっていく。

酷いと、強制ロスカットになって半分以上を失う、あるいは追証して更に資金を失う…。

これが竹井さんの言う

「取り戻そうと思うと、取り返しのつかないことになる」

という状態です。

このような状況にならないためにも、厳格に資金管理をし、1回のトレードの損失額は総資金の2%以内、このルールを守り切ることで、あなたの資金は守られ、連敗が続いた時も冷静にその原因を検証する余裕を確保することができるというわけです。

こうした意味でも今度の6泊7日の合宿では、なるべくあなたのFX資金額を少なくとも竹井さんと私には開示していただきます。

その上で、しっかりと資金管理をしていただきながらトレードを行っていただき、1週間みっちり資金管理をしていただいて、適切なペースでトレードしていただくことを癖づけていただきます。

自分一人ではついつい資金管理が甘くなってしまう…。

そういった方をしっかりフォローさせていただくためにも、今回の合宿は私たちの目が行き届くギリギリの定員として、10名という少人数制を取らせていただくことに決めました。

さて次回は、最後の壁についてお話をさせていただきます。

本日も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました!

本日の記事が少しでも有益だと感じていただけましたら、ブログランキングにご協力いただけますと幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」の登録はこちら

幸せの定理ボランティアスタッフ

毎朝7時に無料配信しているNLメルマガの内容を、やや遅れてではありますが、こちらのブログでもシェアさせていただきます。
内容を気に入っていただけた方は是非、より早くお読みいただけるNLメルマガをご登録いただければ幸いです。

弊社の無料メルマガ「NLメルマガ」では、竹井佑介の相場観を中心に、心・経済・健康に関する最新の情報や不動産情報をお届けしております。

バックナンバーも全てお読みいただけますので、まだご購読いただいていない方は是非ご登録ください。

メールアドレス (必須)
お名前 (必須)


節税から運用まで、資産運用のご相談、お問い合わせはこちら